総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  熊本地震関連 [ 支援制度 ]   >  「熊本地震」一部損壊義援金(10万円)の申請受付について

熊本地震関連

  市への寄附金  支援制度  その他関連記事

「熊本地震」一部損壊義援金(10万円)の申請受付について

最終更新日 [2017年2月1日]  

熊本地震義援金配分委員会(熊本県事務局)において、一部損壊世帯への義援金配分基準が決定され、

合志市では、この義援金申請の受付を以下のとおり開始しました。

 

〔対  象  者〕  居住する住家が一部損壊の判定を受け、その住家の修理費用に100万円以上支出した(支出予定

           は不可)世帯に 10万円 を配分・支給します。  ※申請は1世帯につき1回限りです。

 

〔申請期間〕  平成 29年 2月 1日(水) ~ 平成 30年 3月 30日(金) (終了予定) 

 

〔受付場所〕  西合志庁舎 1階 福祉課  午前8時30分~午後5時15分 (土日祝日を除く) 

 

 

〔必要書類〕 (1)一部損壊の「罹災証明書」   罹災証明書をお持ちでない方⇒ 発行は総務課(合志庁舎2階)です。

                                                             (1)修理前の写真 (2)印鑑が必要です。

         (2)修理費の領収書等

  (3)印鑑 (認印可、シャチハタ不可) 

  (4)振込先の口座番号 (通帳やキャッシュカード等) 

    (5)修理内容がわかる書類 (工事内訳書、明細書、見積書等)

            

          ※合志市災害復興商品券(5万円分)申請に提出した書類がある場合は、その旨を

            受付時に申し出てください。受付窓口で提出済みの書類を確認し、使用いたします。

 

 

  • 添付資料 委任状 新しいウィンドウで(ワード:27.5キロバイト)

 

一部損壊世帯への

義援金配分基準

居住する住家が一部損壊の判定を受け、その住家の修理費用に100万円以上支出した(支出予定は不可)世帯に 10万円 を配分・支給します。 

 ※申請は1世帯につき1回限りです。

修理費の対象範囲

日常生活に欠くことができない部分の修理とし、内装のみや外構の工事、家電製品の修理等は除きます。

対象となる

工事箇所・部分

 

・屋根、柱、床、外壁、基礎等 

・ドアや窓等の開口部(ガラスや鍵の交換も含む)  

・上下水道、電気、ガス等の配管や配線、吸排気設備(換気扇等)、衛生設備(便器、浴槽等)、給湯設備(電気温水器等)

 

※上記の対象箇所・部分であっても、壊れていない場合の取り換えやリフォーム、グレード

アップは対象となりません。

対象外

 

・内装(間仕切り壁、壁紙、天井の仕上げ、ふすま、障子等、畳) 

・外構(門、車庫、カーポート、塀、柵等) 

・家電製品

留意事項

・複数の修理がある場合は、修理後にまとめて提出してください。

・申請がなければ支給されませんので、ご注意下さい。

・居住者が対象となり、り災物件の所有者は対象となりません。

・共同住宅(マンション)や賃貸住宅(アパート等)居住者で、修理を行なった

方は別途お尋ねください。

          

                 〔義援金に関する問い合わせ先〕  福祉課 西合志庁舎1階 242-1149

 

 

 ※合志市災害復興商品券助成事業(修理50万円以上で5万円分の商品券支給)と併給できます。

       合志市災害復興商品券(5万円分)の申請は、平成29年12月22日(金)までです。
       〔災害復興商品券については〕 商工振興課 合志庁舎2階 248-1115

 

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
福祉課
電話:096-242-1149
ファックス:096-348-5271
メール fukushi@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム