総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  環境・住まい・生活  >  ほとんどのプラスチック類が「資源物J」の対象となります。

環境・住まい・生活


ほとんどのプラスチック類が「資源物J」の対象となります。

最終更新日 [2011年4月5日]  

 ごみの資源化を進め、更なる循環型社会の現実に向けて、平成23年4月からほとんどのプラスチック類を「資源物J」(プラスチック類)として回収いたします。

 なお、下記の物については、今までどおり可燃物(燃えるごみ)として処理してください。
①除菌・漂白剤容器に塩素系の文字が明記してある容器
②プラスチックとアルミ箔を圧着してある薬剤の錠剤カプセル容器やお菓子の容器
③灯油が入っていたポリタンク

※分別方法やその他詳しいことは、「ごみの分け方・出し方」や添付資料を参考にしてください
この情報に関するお問い合わせは
環境衛生課
電話:096-248-1202
ファックス:096-248-1196
メール kankyo@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム