総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  環境・住まい・生活  >  合志市ふるさと創生基金補助金

環境・住まい・生活


合志市ふるさと創生基金補助金

最終更新日 [2013年4月1日]  

ふるさと創生基金補助金とは

合志市の市章
 市では、人材育成を目的に次の事業に参加する人の経費を補助しています。
※対象は、市内に住所を有する人および団体ですが、市税などの滞納のある世帯の人、市から補助を受けている団体は対象になりません。
(施行規則第3条第1項)

○スポーツや文化活動等で各種大会に参加した場合(施行規則第2条第1項第2号)

スポーツ
文化
【補助対象】
県外で開催されるスポーツ、文化、教育その他の大会に出場した場合で、県や地域の予選会に出場し、上位大会出場の権利を得た人、または高等学校、大学連盟、県レベル以上の協会の推薦を受けた人が対象になります。
※九州大会以上であっても、開催場所が熊本県内の場合は対象となりません。
(施行規則第2条第1項第2号別表)

 

 

 

平成25年度から変わります!

  平成24年度事業仕分けの検討結果を踏まえて、大会出場に対する同一年度内における同一補助対象者への補助金交付回数を2回までに制限します。ただし、大会開催年度末の年齢が満20歳以下の対象者及び海外で開催される大会はこの制限の対象外となります。

詳しくは企画課政策企画班までお尋ねください。

 


【補助金額】
(1)九州(沖縄県内を除く。) 個人 5千円
(2)上記をを除く国内 個人 1万円
(3)海外個人 2万円
(施行規則第2条別表、第6条第1項第2号)

【申請書類】
補助金交付申請書
・大会等に参加したことが確認できる書類(大会のパンフレット等)
※高校生以下の人が対象となる場合は、保護者が申請してください。
・請求書( 九州内5,000円、 国内10,000円、 国外20,000円)
※書類処理上、請求日付は空欄で提出をお願いします。
請求者は申請者と同一にしてください。(高校生以下の方が対象で保護者名で申請した場合は、請求書の請求者氏名は保護者名です。)

 

【委任状】
申請者と請求書の振込口座名義人が異なる場合に必要です。
「委任者(債権者)」:申請者について記入・押印してください。
「受任者」:振込口座名義人について記入・押印してください。

【申請期限】
大会終了後、その年度内に申請してください。
(大会終了が3月の場合は、大会終了後1か月以内の申請が必要です。)

【提出先】
企画課政策企画班(合志庁舎)、西合志庁舎総合窓口、泉ヶ丘支所、須屋支所
※申請書類を受領後、企画課で書類精査し交付の可否を決定します。(窓口での受領をもって補助金交付が決定するものではありません。)

 

 

小中学校の児童生徒が部活動の範囲で小・中体連主催の各種大会などに参加した場合に限っては、教育委員会(学校教育課)の別事業で対応します。
(施行規則第3条第2項)
詳しくは学校教育課にお問い合わせください。
(学校教育課連絡先)
TEL 096-242-1230(直通)
合志市御代志1661-1(西合志庁舎2階)
kyoiku@city.koshi.lg.jp 

○自主調査研究の実施や研修事業に参加した場合((施行規則第2条第1項第1号)

研修
 地域の活性化、教育、福祉または産業の振興のため、市民が行なう自主調査研究や研修事業に参加した人及び団体が対象となります。
※補助の可否及び補助金額は、総合政策審議会に諮問し決定します。
(施行規則第4条)

【補助経費等】
次の経費のうち自己負担するもの
(1)自主調査研究は、1/2以内の額とする。
(2)研修事業は、1/2以内の額とし、かつ1人10万円以内の額とする。
 ・報償費:謝礼金、賞与及び賞金等
 ・旅 費:交通費(鉄道費、船賃、航空賃、車賃等)及び宿泊料等
 ・需用費:(食料費は除く)消耗品費、燃料費、印刷整本費及び光熱水費等
 ・役務費:通信運搬費及び広告料等
 ・使用料及び賃借料:有料道路通行料、駐車場料及び借用料等
 ・原材料費:物品を生産するための原料及び材料に要する経費等
 ・その他市長が特に必要と認める経費
 ※旅費は原則として最も経済的な通常の経路及び方法で旅行した場合の旅費により計算します。
 ※宿泊料は、原則として実費とし、1泊につき1人定額10,900円を上限とします。
(施行規則第5条、第6条)
 ※詳しくはお問い合わせください。

【申請書類】
 ・ 補助金交付申請書
 ・事業計画書
 ・事業に係る経費(明細書)
 ・参加予定名簿
 ・その他市長が必要と認める書類 ※高校生以下の人が対象となる場合は、保護者が申請してください。

【申請期限】
事業実施日までに企画課に申請してください。また、事業終了後に 研修報告書研修等成果報告書の提出が必要になります。
(施行規則第7条第2項、第8条)
※過去に当該基金からの補助を受けた人は5年間申請することは出来ません。
(施行規則第7条第4項)

【提出先】
企画課政策企画班(合志庁舎2F)

その他ご不明な点などございましたら、下記お問い合わせ先までお尋ねください。

この情報に関するお問い合わせは
企画課 企画広報班
電話:096-248-1813
ファックス:096-248-1196
メール kikaku@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム