総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  環境・住まい・生活  >  地域おこし協力隊の牧野内正雪です。

環境・住まい・生活


地域おこし協力隊の牧野内正雪です。

最終更新日 [2016年12月7日]  

今回は11月1日より委嘱を受けた合志市地域おこし協力隊の牧野内正雪さんをご紹介いたします。

  

名前:牧野内正雪(まきのうち まさゆき)

出身:カリフォルニア/神奈川県

趣味: 旅行、寺社巡り、歴史探訪、温泉やひなたでのんびりすること

特技:英語、フランス語、イラスト、コーヒー、紅茶
顔2

座右の銘:「どきょう、あいきょう、すっとんきょう!」

 

 なぜ合志市で協力隊をしようと思ったのですか?  

水、米、野菜、あか牛が美味しく、のんびりつかれる温泉もあり、妻の出身地でもある熊本に住みたくて、また今までの仕事と違うチャレンジをしたくて、 地域おこし協力隊を探していたところ、合志市での募集を見つけました。合志市では初めての協力隊募集ということで、何をするかはまだこれから手探りだけど、イチから一緒にスタートできる人を探している、ということでやりがいを感じ、応募させていただきました。

どんな活動を行っていますか?   

今は主に、来年スタート予定の合志マンガミュージアムの準備などをお手伝いさせていただいています。また、合志市の中を色々と見てまわったり、他の自治体の協力隊の方や地域おこし団体の方などともお話させていただいたり、リサーチなどの下準備もしていっているところです。

合志市の印象はいかがですか?   

空が広い! 山も見える! 朝焼け、夕焼けがきれいで、ビルと人ゴミと広告に周囲をがっちり取り囲まれて息がしにくい首都圏の都市と違って、毎日の朝が気持ち良い!

ついでに、歩いている人が少ない! …というより徒歩圏内や駅周辺で生活が完結しない!

南は熊本市内や、幹線道路、空港に近いベッドタウンで電車もあって便利。北は広い農村地帯や、寺社城跡や文化遺産が多くて、南とギャップがあっておもしろい。温泉施設とおしゃれで野菜の安いマーケットが隣接し、近くには手軽にウォーキングが楽しめる気持ちよい公園(山)がある。などなど。

 3年後合志市をどんなまちにしたいですか?  

合志市は熊本市近郊の便利で住み良いベッドタウンですが、今より更にもうちょっとだけ「合志だからこそ住み(続け)たい!」と思えるような何かを、掘り起こしたり、住民のみなさんと一緒に作っていけたらなと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

 
この情報に関するお問い合わせは
政策課
電話:096-248-1028
ファックス:096-248-1196
メール seisaku@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム