総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  福祉・健康・年金・介護  >  国民健康保険、こんな時には届け出を

福祉・健康・年金・介護


国民健康保険、こんな時には届け出を

最終更新日 [2018年9月27日]  

 わが国では、病気のときや事故にあったときの、高額な医療費の負担を軽減するため、 原則的にすべての国民が、次のいずれかの公的医療保険に加入しなければならない「皆保険制度」が確立しています。

1. 国民健康保険(自営業者、年金受給者等)
2. 政府管掌健康保険、組合管掌健康保険(会社員等)
3. 国民健康保険組合(医師、歯科医師、薬剤師、建設関係等)
4. 各種共済組合等(公務員、私立学校教職員)
5. 船員保険
6. 長寿(後期高齢者)医療制度

 したがって、民間の生命保険や医療保険に加入していても、公的医療保険に必ず加入しなければなりません。
 合志市にお住まいで、他の公的医療保険に加入できない方は、必ず国民健康保険の加入の届け出が必要になります。

 合志市国民健康保険への届け出や、医療費についての手続きなど、詳しくは下記「こんな時には届け出を」をご覧ください。


 

この情報に関するお問い合わせは
保険年金課
電話:096-248-1275
ファックス:096-248-1196
メール hoken@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム