総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  福祉・健康・年金・介護  >  障がい福祉に関するマイナンバー制度開始に伴う手続きについて

福祉・健康・年金・介護


障がい福祉に関するマイナンバー制度開始に伴う手続きについて

最終更新日 [2016年1月4日]  

 平成28年1月から、障がい福祉に関する手続きの際、マイナンバーを利用する場合には、本人の番号確認と身元確認が必要になります!

 

 

 平成28年1月からのマイナンバー制度開始に伴い、マイナンバーが必要な手続きでは、成りすましなどの不正防止のため、本人確認が義務付けられています。

 そのため、障がい福祉に関する手続きの際には、次のようなことなどが必要になります。

 

【1】申請者本人が届出するとき

 (1)番号確認に必要な書類 (いずれか1つ)

  個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票の写しなど

 

 (2)本人確認(身元確認)に必要な書類 (いずれか1つ)

  個人番号カード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、療育手帳など

 

 

【2】本人の代理人が届出するとき

 (1)代理権の確認に必要な書類(いずれか1つ)

  委任状など

 

 (2)代理人の身元確認に必要な書類(いずれか1つ)

  代理人の個人番号カード、代理人の運転免許証やパスポート、身体障害者手帳など

 

 (3)本人の番号確認に必要な書類(いずれか1つ)

  本人の個人番号カード、本人の通知カード、本人の個人番号が記載された住民票の写しなど

 

※事業所等の方が代理で届出をされるときは、上記のほか社員証や職員証を提示していただく場合があります。

 

 

 

◆個人番号が必要な主な手続き◆

 

・身体障害者手帳に関する手続き

・精神障害者保健福祉手帳に関する手続き

・自立支援医療に関する手続き

・補装具費支給に関する手続き

・障害福祉サービス・障害児通所支援に関する手続き

・障害児相談支援給付に関する手続き

・日常生活用具給付に関する手続き

・特別障害者手当・障害児福祉手当に関する手続き    など

 

 詳しくは、担当課へお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
福祉課 障がい福祉班
電話:096-248-1144
ファックス:096-248-1196
メール fukushi@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム