総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  福祉・健康・年金・介護  >  熊本地震における認知症相談窓口について

福祉・健康・年金・介護


熊本地震における認知症相談窓口について

最終更新日 [2016年4月27日]  

 

 熊本地震により避難所に避難されている高齢者の中には、急激な環境変化に伴い、認知症等の症状が発現したり、悪化したりすることがあります。

 

認知症の人は、環境の変化に大変影響を受けやすいため、被災地での生活には十分な配慮が必要となります。しかし、ちょっとした配慮で本人が安定し、家族や周囲の負担が軽減できることがあります。

相談窓口として「認知症ほっとコール」をご利用ください。

 

 


 

 

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
高齢者支援課 包括支援センター班
電話:096-248-1126
ファックス:096-248-1599
メール kourei@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム