総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  福祉・健康・年金・介護  >  熊本地震による後期高齢者医療一部負担金等について

福祉・健康・年金・介護


熊本地震による後期高齢者医療一部負担金等について

最終更新日 [2018年5月7日]  

 熊本県後期高齢者医療保険に加入している方のうち、次の要件のうち(1)~(5)のいずれかに該当する方は、下記のとおり一部負担金の免除やすでに支払われた一部負担金の還付を受けることができます。

 【要件】

(1)住家の全半壊、全半焼又はこれに準ずる被災をされた方
(2)主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
(3)主たる生計維持者の行方が不明である方
(4)主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方
(5)主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

 

 

 

1 後期高齢者医療一部負担金等の免除証明書の交付について

 平成28年10月以降に医療機関等の医療保険の窓口負担の免除を受けるためには、免除証明書の交付を受けることが必要となります。免除証明書の交付を受けるためには申請が必要となりますので、下記の必要書類等を持参のうえ申請してください。

 

(1)必要書類等
 (ⅰ)後期高齢者医療一部負担金等免除申請書
 (ⅱ)被保険者本人の印鑑(シャチハタ不可)
 (ⅲ)被災したことを証明する書類(罹災証明書等)
 (ⅳ)後期高齢者医療被保険者証
 (ⅴ)窓口に来庁される方の本人確認ができるもの(免許証等)

(2)申請先

 高齢者支援課(西合志庁舎1階 合志市御代志1661番地1 TEL096-242-1109)

 

※「免除証明書」で一部負担金の免除を受けることができるのは平成29年9月30日までとなります。
※入院・入所時の食費・居住費などはお支払いいただく必要があります。
※合志市外へ避難されている方等は、別途問い合わせ先までお尋ねください。

※現在お持ちの「免除証明書」の有効期限が平成29年2月28日までとなっている方は、そのまま平成29年9月30日まで使用できます。

 2 一部負担金の還付について

 すでに一部負担金を支払われた方は、申請することにより支払った額の還付を受けることができます。還付を受けるためには申請が必要となりますので、下記の必要書類等を持参のうえ申請してください。

(1)必要書類等
 (ⅰ)熊本地震後期高齢者医療一部負担金等還付申請書
 (ⅱ)別紙 受診医療機関明細
 (ⅲ)医療機関等で一部負担金を支払った領収証
 (ⅳ)被災したことを証明する書類(罹災証明書等)
 (ⅴ)被保険者証
 (ⅵ)ご本人名義の金融機関口座情報がわかるもの
 (ⅶ)被保険者本人の印鑑(シャチハタ不可)
 (ⅷ)窓口に来庁される方の本人確認ができるもの(免許証等)

(2)申請先
 高齢者支援課(西合志庁舎1階 合志市御代志1661番地1 TEL096-242-1109)

※各手続きに必要な申請書様式等

 

http://www.city.koshi.lg.jp/shinsei/pub/detail.aspx?c_id=50&id=125&pg=1&bk=1&bunya_ck=26&ssearch=ON  

 

【厚生労働省】

 

 ○厚生労働省ホームページの関連ページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000122592.html

 

 ○厚生労働省作成チラシ

添付資料 厚生労働省チラシ 新しいウィンドウで(PDF:224.2キロバイト)


 

 

この情報に関するお問い合わせは
保険年金課
電話:096-248-1275
ファックス:096-248-1196
メール hoken@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム