総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  福祉・健康・年金・介護  >  生活支援コーディネーターとは

福祉・健康・年金・介護


生活支援コーディネーターとは

最終更新日 [2018年3月16日]  

 高齢者の日常生活に必要な支援と、地域で在宅生活をつづけるための生活支援・介護予防サービスとを結びつけたり、必要なサービスをつくるために必要な地域資源を発掘したりする役割を担うのが、生活支援コーディネーターです。

 このコーディネーターの主な役割は、次のものになります。

 

1.高齢者の方が地域で暮らすうえで、どんな困り事があるのかを調査

2.地域で取り組んでいる介護予防活動や、支え合い活動の状況など地域資源の調査

3.地域住民の支え合い活動の推進、立ち上げの支援

4.行政や各種団体との情報共有、サービス提供に関する連携などのネットワークの構築

 

生活支援コーディネイターの役割
 以上の役割を果たすために、さまざまな団体や企業、地域の集まりなどに出向き、高齢者の生活課題やニーズの把握、それらの解決・マッチングのためのネットワークづくりなどを行います。

 

 

 

現在の取り組み

 ●生活支援協議体を開催し、各種団体との連携やニーズのあるサービスの構築に取り組んでいます。

 

 ●地域での助け合い・活動の場を広げるためのフォーラムを開催しています。

 

 ●地域の集まりの場の調査を行い、通いの場マップを作成しました。(こちらをクリック

 

 ●生活支援協議体を通して、通いの場ポイント制度を開始しました。

 

 

今後の取り組み

 学校区ごとに分け、それぞれの地域課題を拾い上げてもらう第2層のコーディネーターの配置と、生活支援協議体の構築をどうしていくかについて検討中です。



 

 

この情報に関するお問い合わせは
高齢者支援課 包括支援センター班
電話:096-248-1126
ファックス:096-248-1599
メール kourei@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム