総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  学びと楽しみ  >  合志親為肖像図(市指定文化財)

学びと楽しみ


合志親為肖像図(市指定文化財)

最終更新日 [2013年7月19日]  

合志親為肖像図
 合志氏第15代の城主である合志伊勢守親為(こうしいせのかみちかため)は、菊池の赤星筑前守重隆(あかほしちくぜんのかみしげたか)の二男として生まれ、幼名を親賢(ちかかた)といい、蔵人大輔(くらんどだいゆう)と称していました。
 のちに合志家第14代合志高久の養子となりましたが、歴代城主の中でも特に強い武将であったと伝えられています。
 親為は天正(てんしょう)13年(1585)10月に死亡しており、この肖像図は没後153年経った元文(げんぶん)3年(1738)10月19日に模写したと記されています(医音寺跡には、親為が、生前に自らの往生成仏を願って建てた逆修碑が残されています)。
 現在、この肖像図は幾久富の今町という地区で大切保管されていますが、なぜ同集落で保管されるようになったかは不明です。
 肖像図の複製を合志歴史資料館に展示しています。
 
肖像図複製の所在地:合志市福原2922(合志歴史資料館)
地図はこちら→ 歴史資料館地図
この情報に関するお問い合わせは
生涯学習課 生涯学習班
電話:096-248-5555
ファックス:096-248-5450
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム