総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  学びと楽しみ  >  桑鶴遺跡(市指定文化財)

学びと楽しみ


桑鶴遺跡(市指定文化財)

最終更新日 [2011年10月20日]  

桑鶴遺跡
 出分の堤の北東に位置し、現在は畑となっており、説明看板と石柱が建てられています。
 この遺跡は、昭和6年に大塚了城(おおつかりょうじょう)、坂本経堯(さかもとつねたか)の両氏が旧合志町で最初に発掘を手がけた遺跡で、縄文時代晩期から弥生時代の石器類や土器類が出土しています。
 この周辺の遺跡は出分や御領を起点に、乙丸、上庄、中林、後川辺へと、凹地(川筋)に分布しているのが特長です。このことは、当時の人々が水利のよい川筋に住居をかまえ、生活をしていたことを物語っていると考えられ、今後も住居跡や土器、石器類が発見される可能性が大きいとみられます。
 なお、この桑鶴遺跡から出土した土器類は、その形状や文様から御領式土器(縄文後期)・三万田土器(同)に分類されていますが、非常に薄手の精巧な作りになっており、弥生式土器に近いといわれています。
この情報に関するお問い合わせは
生涯学習課 生涯学習班
電話:096-248-5555
ファックス:096-248-5450
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム