総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  学びと楽しみ  >  ヴィーブルくんのキャラ弁をつくろう!

学びと楽しみ


ヴィーブルくんのキャラ弁をつくろう!

最終更新日 [2014年10月1日]  

熊日がキャラ弁投稿を募集しています!

キャラ弁トピックス用

 合志市総合センターヴィーブルのマスコットキャラクター、ヴィーブルくんのキャラ弁が平成26年10月1日付の熊本日日新聞社(夕刊)にフルカラーで掲載されました。

 これは、「発掘!くまもとキャラ弁図鑑」として、熊本日日新聞社情報プロジェクト部の特集として募集されたもので、本市在住のもんちっちさん、りーこままさん、しゅうこうママさん(いずれも30代・女性)の作品「ヴィーブルくん」がモデルお弁当として掲載されたものです。県内自治体や企業、団体のキャラクターのキャラ弁が募集されています。(漫画やアニメのキャラ弁は対象外です。)

 皆さんも、ぜひヴィーブルくんのキャラ弁を熊日に投稿しましょう!

キャラ弁とは

 キャラ弁(キャラべん)とは、弁当の中身を漫画、アニメ、芸能人等のキャラクターあるいは自動車などのメカ、風景などに模したものをいいます。

 子ども向けの弁当を作る際に、子供を喜ばせたり、嫌いなものも自主的に食べるようにするために、おかずなどのデザインを工夫することは、従来から行われてきたそうです。昭和7年に発行された『児童の飲み物とお弁当』(誠文堂、1932年)には、子供の好き嫌いを直す最善の方法として「材料の全く判別できない形に処理」し、「料理の観覚に美しさを与えること」が提唱されていることから、遅くとも昭和の初期からは、弁当に子供が喜ぶ外観上の工夫をすることはある程度の広がりを持って行われていたことが推察されています。

 戦後、たこさんウィンナーなどキャラクター的なおかずを付けることが、広く行われるようになっていきました。

 料理研究家の沢田澄子さんが19745月に出版した『すぐに役立つ子供のお弁当』では、たこさんウィンナーなどのおかずだけでなく、ご飯の上にそぼろや海苔を使って猿の顔や自動車などを描いていますが、この時点では、まだキャラクター弁当(キャラ弁)という名称は見受けられていません。

 キャラクター弁当の全国紙での初出は、1997(平成9)年の朝日新聞とされています。

 

掲載されたヴィーブルくんキャラ弁について(1)

(1)もんちっち


本市在住の もんちっちさん(30代・女性)の作品です。

 

使用した主な食材や感想、工夫したポイントなどのコメントです。

 

 

 子どものために作ったキャラ弁です♪

 ヴィーブルくんの胴体はバターしょう油のごはん、根の部分には卵を巻き、チーズ模様をつけました。タケノコの葉はインゲンで表現しています。

 卵焼きはハート形にしたほか、トマトを半分に切ってキノコ型にアレンジしました。ミートボールなど、子どもが喜ぶ食材を使い、子どもがお弁当を開けて喜ぶ姿を思いながら作りました!

 

 

 

食べるのがもったいないくらいの素晴らしい出来です。

 

掲載されたヴィーブルくんキャラ弁について(2)


りーこまま

 本市在住の りーこままさん(30代・女性)の作品です。

 

使用した主な食材や感想、工夫したポイントなどのコメントです。

 

 ヴィーブルくんの出身地である合志市で採れたサツマイモや卵を使い、そのほかの肉や野菜も県産にこだわって作りました!ヴィーブルくんは甘辛く煮た揚げとかんぴょうで表現し、ご飯はヴィーブルくんにちなんでタケノコを使ったまぜご飯にしました。桜でんぶでかわらしさをアピールしています。

 

 

投稿されたヴィーブルくんキャラ弁について(3)

20140919しゅうこうママ

 

 本市在住の しゅうこうママさん(30代・女性)の作品です。

 

 使用した主な食材や感想、工夫したポイントなどのコメントです。

 お肉以外の野菜は、全て菊池地域でとれたもの♪オクラは庭の家庭菜園で、米や卵、あげ、トマトは合志産です。子どもたちに、合志市にはおいしい食べ物がたくさんあり、幸せを感じてもらえるように愛情を込めて作りました。ヴィーブルくんは、タケノコをモチーフにしたキャラクターなので、酢をきかせたタケノコのまぜご飯にしています。

 

 

投稿方法

ヴィーブルくん
応募方法は、キャラ弁の写真と
(1)キャラクターの名前
(2)使用した主な食材や工夫したポイント、感想(150字程度)
(3)住所
(4)氏名
(5)性別
(6)年齢
(7)職業(学年)
(8)電話番号
を明記して、郵送またはメールしてください。

 

郵送(メール)先

〒860-8506熊日編集局「くまもとキャラ弁図鑑」係

 

メールアドレス

dengon@kumanichi.co.jp

 

問い合わせ先

熊日編集局情報プロジェクト部

096-361-3213

 

にお願いします。

 

皆さん、ヴィーブルくんキャラ弁をぜひ制作し、熊日紙面に作品を掲載しましょう!

 

応募の際の参考様式を掲載しておきますので、活用ください。

 

この情報に関するお問い合わせは
企画課 企画広報班
電話:096-248-1813
ファックス:096-248-1196
メール kikaku@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム