総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  産業・労働  >  米の放射性物質調査の周知について

産業・労働


米の放射性物質調査の周知について

最終更新日 [2011年10月5日]  

出荷・販売届出事業者、登録検査機関等の皆様へ
消費者の皆様へ
食品事業者の皆様へ

 

米は国民の主食であり摂取量が多いことから、国民の皆様に安全な米を供給できるよう、対応を行っています。

 

1 作付制限                    

水田土壌の放射性セシウム濃度の調査結果及び水田の土壌から玄米への放射性セシウムの移行が10分の1であることからみて、生産した米(玄米)が食品衛生法上の暫定規制値(500Bq/kg)を超える可能性の高い地域について、4月に作付制限を行いました。具体的には、福島県内の警戒区域、計画的避難区域及び緊急時避難準備区域です。

 

2 米の放射性セシウム濃度の調査

作付制限地域以外の稲の作付を行っても構わない地域については、収穫時に米の放射性セシウム濃度を分析し、食品衛生法上の暫定規制値を超える場合には出荷制限を行います。

(1)予備調査

水田土壌中の放射性セシウム濃度が高い市町村等において、米の放射性セシウム濃度の傾向をあらかじめ把握するため、収穫直前の水田に稲がある時期に米を分析します。

(2)本調査

予備調査の結果、米の放射性セシウム濃度が一定水準(200Bq/kg)以上であった市町村は、収穫された米を重点的に分析します。

 

3 出荷制限

万一、食品衛生法上の暫定規制値を超える濃度の放射性セシウムが検出された場合には、その地域の米の出荷を制限し、廃棄することとしています。
 
米の放射性物質調査の詳しい情報は農林水産省ホームページをご覧下さい。
http://www.maff.go.jp

この情報に関するお問い合わせは
九州農政局食糧部消費流通課
電話:096-211-9111
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム