総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  福祉・健康・年金・介護  >  在宅高齢者安心確保事業

福祉・健康・年金・介護


在宅高齢者安心確保事業

最終更新日 [2017年1月19日]  

事業概要

 ひとり暮らし(相当)の高齢者で家庭内での事故など緊急時の対応が難しい人に対し、通報装置を貸与・設置し在宅での生活を支援します。

 通報による救急車の要請のほか、日常の不安なことに対する相談や定期的な安否確認を行います。

  

対象者

 ひとり暮らしの高齢者又はひとり暮らし相当の世帯であり、以下のいずれかに該当する人。

 (1)発作など突発的な症状による生命の危険が生じるおそれがある

 (2)下肢筋力の虚弱による転倒のおそれがある

 ※利用にあたり、アナログ回線(固定電話)が必要になります。

 

利用料(利用者負担)

 〇設置費用 7,020円

 ※生活保護受給世帯・市町村民税非課税世帯については市が負担します。

 〇機器レンタル料・サービス利用料・撤去費用 無料(市負担)

 ※機器は貸与ですので、事業利用の終了時に返却していただきます。

   紛失等をされた場合には、弁償していただくことがあります。

 

協力員について

 事業の利用には、通報に際して状況確認のできる協力員が必要になります。

 現場確認などの協力依頼がありますので、近隣の方の登録をお願いしています。
 (協力員へ依頼する場合の例) 

  ・定期連絡に応答がないため、状況確認をお願いしたい場合。

  ・コンセント抜けやブレーカー落ちの復旧などで、利用者による復旧が難しい場合。

  ・通報後の応答がなく、日常・通院記録から状況確認が必要と事業者が判断する場合。

  

その他

 利用にあたり事業利用対象者となるか、担当者や社会福祉士などによる身体状況や生活環境の調査、及び審査が必要になります。詳しくは、下記までお問い合わせください。 

  

 

  •  添付資料 申請書 新しいウィンドウで(ファイル:23キロバイト)


 

この情報に関するお問い合わせは
高齢者支援課 包括支援センター班
電話:096-242-1124
ファックス:096-242-3129
メール kourei@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム