合志市ホームページトップへ

令和2年度の熱中症予防行動について

最終更新日:

 

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」における熱中症予防

 令和2年5月4日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示されました。新型コロナウイルスの出現に伴い、今後は一人ひとりが感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

 

 このように、今夏はこれまでと異なる生活環境下であることから、例年以上に熱中症に気を付けることが重要です。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心がけるようにしましょう。

 

 

 

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  

暑さを避けましょう

R2熱中症予防(新しい生活様式)(1)

R2熱中症予防(新しい生活様式)(2)


 

・室内の温度や湿度をこまめに確認し、適切に管理しましょう。
・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確認しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

・室内ではカーテンやすだれを使い、直射日光を遮りましょう。

・外出時は暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう。

・通気性、吸収性のよい素材の服装を心がけ、日傘や帽子を活用しましょう。

・急に暑くなった日、風が弱い日、気温や湿度が高い日は特に気を付けましょう。

・エアコンを切った車内はすぐ高温になるため、子どもだけを残しておくことは大変危険です。

 

適宜マスクをはずしましょう

・気温や湿度が高い中でのマスク着用は特に注意が必要です。

・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合にはマスクをはずしましょう。

・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩しましょう。
 

 

こまめに水分補給をしましょう

・のどが渇く前に水分補給をしましょう。

・1日あたり1.2リットルが目安ですが、水分摂取の制限がある病気もあります。治療中の人は主治医にご相談ください。

・ビールなどのアルコールは水分補給に含まれません。ジュースは糖分を多く含むため、水分と区別して控えてください。

 

 

日頃から体調管理をしましょう

・体温測定、健康チェックを心がけましょう。

・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう。

 

 

暑さに備えた体づくりをしましょう

・ウォーキングなど無理のない運動で暑さに強い体をつくりましょう。

・こまめに休憩をとり、体調が悪いときは無理をしないようにしましょう。

 



 

熱中症とは

   高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態のことを言います。重度になると死に至る可能性があります。

熱中症は炎天下の屋外で起こるというイメージがありますが、住宅(室内)、道路、公衆(屋外)、仕事場の順に多く発生しています。特に65歳以上は自宅での発生が過半数を占めています。つまり、自宅でも熱中症予防に注意することが大切です。予防法を知っていれば防ぐことができます。また、応急処置を知っていれば救命もできます。

 

 

熱中症の症状

熱中症分類
軽度…めまいや筋肉痛、立ちくらみ、大量の汗など

中度…頭痛や吐き気、体のだるさ、気分の不快など

重症…意識がなくなる、もうろうとする

 

 

特にこのような人は注意しましょう

高齢者幼児
・乳幼児や高齢者

・持病のある人

・暑さに慣れてない人

・体調が悪い人や睡眠不足の人

 
 

 

 

 

熱中症になったときは

大切なのは『体を冷やし体温を下げる』ことです。

 

 

意識がはっきりしている場合

・涼しい場所へ移動します(風通しの良い日陰や冷房のある室内など)。

・襟元やベルトなど服を緩めます(熱を逃がすため)。

・体を冷やします(脇の下、太ももの付け根、首に濡らしたタオルを巻いたり、うちわで扇いだりします)。

・水分、塩分の補給をします(イオン飲料やスポーツドリンク、1リットルの水に1~2グラムの塩を溶かしたものなど)。

※症状が改善しない場合は、医療機関を受診してください。

 

 

意識がはっきりしない、自力で水を飲めない場合

・救急車を呼びます。

・救急車を待つ間に、涼しい場所へ移動し体を冷やします。

※この場合、飲料が気道に流れ込む危険があるので水分を無理に飲ませないでください。

 

 

 

 

 

熱中症予防に関する資料

環境省や厚生労働省のウェブサイトでは、熱中症予防に関する情報が発信されています。

日頃の熱中症予防にお役立てください。

 

環境省「熱中症予防情報サイト」別ウィンドウで開きます(外部リンク)

厚生労働省「熱中症関連情報」別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:18625 P)