合志市ホームページトップへ

熱中症を予防しましょう!

最終更新日:


熱中症を予防しましょう

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態のことを言います。

重度になると死に至る可能性がありますが、予防法を知っていれば防ぐことができます。また、応急処置を知っていれば救命もできます。


 

熱中症の症状


熱中症300

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう!
・軽症:めまい、立ちくらみ、筋肉痛、大量の汗など
・中等症:頭痛、吐き気、体のだるさ、気分の不快など
・重症:意識がなくなる、もうろうとするなど
 
 

熱中症予防行動のポイント

熱中症予防のために1
\詳しくはこちらをご覧ください!/
 熱中症予防のために(PDF:905.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

暑さを避けましょう

熱中症は炎天下の屋外で起こるというイメージがありますが、住宅(室内)、道路、公衆(屋外)、仕事場の順に発生しています。つまり、自宅でも熱中症に注意することが大切です。

室内でも熱中症に注意

・室内では
エアコンをつけるのを我慢せず、温度をこまめに調整しながら適切に使いましょう。
カーテンやすだれを使い、直射日光を遮りましょう。
・屋外では
外出時は、暑い日や暑い時間帯を避けて、無理のない範囲で活動しましょう。
通気性、吸収性の良い素材の服装を心掛け、日傘や帽子を活用しましょう。
急に暑くなった日、風が強い日、気温や湿度が高い日は特に気をつけましょう。


 

こまめに水分を補給しましょう


水分補給

・のどが渇く前に水分補給をしましょう。
・1日あたり1.2リットルが目安ですが、水分摂取の制限がある病気もあります。
 治療中の人は主治医にご相談ください。
・ビールなどのアルコールは水分補給に含まれません。
 ジュースは糖分を多く含むため、水分と区別して控えてください。




 

暑さに強い体づくりをしましょう

暑い日が続くと、体は次第に暑さに慣れて、暑さに強くなります(暑熱順化)。実際に気温が上がる前に、日常生活の中で運動や入浴をすることで、汗をかき、体を暑さに慣れさせることができます。こまめに休憩をとり、体調が悪いときは無理をしないようにしましょう。なお、暑熱順化には個人差もありますが、数日から2週間程度かかります。余裕をもった備えが大切です。

 

特にこのような人は注意しましょう


注意!200

・高齢者:熱中症で搬送される人の約半数が65歳以上の高齢者です。高齢者は、暑さや水分不足に対する感覚機能や体の調整機能も低下しているので、注意が必要です。
・乳幼児:体が小さいため、いち早く環境の影響を受けてしまい、熱中症になりやすいのが特徴的です。
・持病のある人
・暑さに慣れてない人
・体調が悪い人や睡眠不足の人


 

熱中症になった時

大切なのは、『体を冷やし、体温を下げる』ことです。
  • 意識がはっきりしている場合
涼しい場所へ移動します。(風通しの良い日陰や冷房のある室内など)
襟元やベルトなど、服を緩めて、熱を逃がします。
脇の下、太ももの付け根を冷やします。(首に濡らしたタオルを巻いたり、うちわで扇いだりします)
※ジェルタイプのシートには体を冷やす効果はありません。
水分、塩分の補給をします。(イオン飲料やスポーツドリンク、1リットルの水に1~2グラムの塩を溶かしたものなど)

※症状が改善しない場合は、医療機関を受診してください。

  • 意識がはっきりしない、自分で水を飲めない場合
救急車を呼びます。
救急車を待つ間に、涼しい場所へ移動し体を冷やします。
※この場合、飲料が気道に流れ込む危険があるので水分を無理に飲ませないでください。

 

ちょっと涼んでいきませんか?『クーリングシェルター』


クーリングシェルター

本市では、危険な暑さから身を守り、休憩をとっていただけるよう、冷房設備のある市内10か所の施設を『クーリングシェルター』に指定し、一般に開放しています(開庁日・開館日に限る)。

\施設の情報など詳しくはこちら!/
 
 

熱中症予防に関する資料

環境省や厚生労働省のウェブサイトでは、熱中症予防に関する情報が発信されています。日頃の熱中症予防にお役立てください。


 

大塚製薬提供


熱中症対策にはポカリスエット!別ウィンドウで開きます

ポカリスエット×アニメ「はたらく細胞‼」のコラボ動画で熱中症を学ぼう。YouTube別ウィンドウで開きます(外部リンク)で公開されていますので、ぜひご覧ください。

※大塚製薬と合志市は包括連携協定を締結しています。
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:18625 P)