合志市ホームページトップへ

「トビイロウンカ」に対する注意喚起について

最終更新日:

熊本県病害虫防除所は、トビイロウンカで稲に被害が出る恐れがあるとして注意報を発表しました。トビイロウンカは稲の茎を吸汁し、多発すると稲が枯死して倒伏し、田がまとまって枯れる「坪枯れ」状態となります。

薬剤防除は幼虫期に合わせることが重要となり、最新の防除適期は以下のとおりとなります。

 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:18838 P)