合志市ホームページトップへ

子どもを信頼し、任せて、待って、支える。~青少年教育特別講演会~

最終更新日:

 9月26日、ヴィーブルで「青少年教育特別講演会」を開催し、842人が来場しました。

「社会を明るくする運動」作文の表彰・発表の後、熊本大学教育学部准教授・苫野一徳先生が不登校や引きこもりなどの問題について講演。哲学的視点からの学校のあり方などを論じられました。とりわけ、不登校になっている子どもに対して「信頼し、任せて、待って、支える」という考え方の提示は、大きな関心を集めました。講演後は保護者や教育関係者などから多くの質疑応答があり、熱気を帯びた講演会となりました。

 

哲学者・教育学者としてお話を展開する苫野先生

▲哲学者・教育者としてお話を展開する苫野先生

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:19006)