合志市ホームページトップへ

住宅用火災警報器は10年で取り替えを

最終更新日:

 

住宅用火災警報器 交換のススメ

火災の発生を音や音声で知らせる「住宅用火災警報器」は、平成23年6月からすべての一般住宅で設置が義務化されました。

合志市では平成22年から平成23年にかけて一般家庭用の「住宅火災警報器」を各戸に1個ずつ配布し、もうすぐ10年が経過します。

警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどにより火災を感知しなくなる恐れがあります。火災を感知できなくなる前に、10年を目安に交換しましょう。

また、新しい警報器を購入したときは、本体の側面などに交換時期がわかるように油性ペンで「設置年月」を記入することをお勧めします。

 

 

点検とお手入れ

〇住宅用火災警報器が汚れていたら

 ホコリが付くと火災を感知しにくくなります。1年に1回は、乾いた布で拭きましょう。

 

〇定期的に作動点検をしましょう

 本体に付いているひもを引いたりボタンを押して、1年に1回は作動点検をしましょう。

「正常な場合」

 正常をお知らせするメッセージまたは火災警報音が鳴ります。

「音が鳴らない場合」

 電池がきちんとセットされているか、確認してください。それでも鳴らない場合は、「電池切れ」か「機器本体の故障」です。

 

〇取り替えのサイン

 電池切れ警報音(ブザータイプ・音声タイプ)が鳴り、電池切れをお知らせします。多くの警報器は電池寿命が10年となっており、本体交換のサインにもなりますので、忘れずに交換しましょう。

 ※電池切れ警報動作はメーカーや製品によって異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

 


 




 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:19078 P)