合志市ホームページトップへ

新型コロナウイルス感染症に係る熊本県リスクレベルと感染防止対策について

最終更新日:

 

新型コロナウイルス感染防止対策について~熊本県リスクレベルは【レベル4特別警報】です~

 

 10月8日(金曜日)からのリスクレベルは「レベル4特別警報」です。なお、感染状況は減少傾向にあるとしています。9月30日から10月6日までの新規感染者は55人です。病床使用率は10月6日時点で7.8%であり、レベル4特別警報にあると判断しました。

 今後も、気を引き締めて、マスクの着用や手洗い、症状がある場合は仕事を休み、すぐに受診するなどの基本的な感染防止対策に努めていただきますようお願いします。

 

 

県からの県民の皆さまへのお願い

  熊本県のリスクレベルは【レベル4特別警報】です。本県においては、まん延防止措等重点措置解除後、10月14日までを「医療を守る行動強化期間」としており、熊本市の飲食店への時短要請(認証店については通常営業可能)を継続しています。感染状況は改善し、医療への負苛は軽減されていまが、次の感染拡大を防ぐため、県民の皆様には、引き続き、基本的な感染防止対策を徹底していただきますようお願いします。

  

 

 

 

 

1 基本的な3つの対策を徹底してください。

(1)症状がなくとも、マスクを着用別ウィンドウで開きますしてください。

(2)こまめな手洗い・手指消毒を行ってください。

(3)発熱等の症状がある場合は、仕事などを休み、すぐに医療機関に電話連絡を! 

 

 

 

2  基本的な対策及び考え方

・「新しい生活様式」の実践をお願いします。

・マスク着用、手洗い、人と人との距離の確保等の感染防止対策の徹底をお願いします。

・帰宅直後の手洗いや入浴、発熱等の症状がある同居者との部屋を分けるなど、家庭内における感染防止対策を徹底してください。

・厚生労働省がリリースした接触確認アプリの積極的な利用をお願いします。

 

 

 

3  移動・外出について

 

・熊本市においては、路上・公園等における集団飲酒等はしないでください。

・外出時は、感染防止対策を徹底してください。 

 

 

4 会食はリスク大!特に注意しましょう。

  

・会食は、宅飲みを含み、感染リスクを最小化するために、次のことに留意してください。

 (1)なるべく普段から一緒にいる人と

 (2)人数を絞って

 (3)特に「会食時の感染リスクを下げる4つのステップ」を遵守して

・県内全域で、深夜遅くまでの飲酒や会合など、感染拡大につながる行動を控えてください。

・ステッカーを掲示していないなど、感染防止対策のできていない飲食店は利用しないでください。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

◎以下の対策は、リスクレベルによらず徹底をお願いします。



 

 1 最も重要なお願い 

(1)症状がなくとも、マスクを着用してください。

(2)こまめな手洗い・手指消毒を行ってください。

(3)発熱時は仕事等を休み、すぐにかかりつけ医等に電話相談を!

 

 2 基本的な対策及び考え方

・「新しい生活様式」の実践をお願いします。

・マスク着用、手洗い、人と人との距離の確保等の感染防止対策を徹底してください。

・帰宅直後の手洗いや入浴、発熱等の症状がある同居者と部屋を分けるなど、家庭内における感染防止対策を徹底してください。

・厚生労働省がリリースした接触確認アプリの積極的な利用をお願いします。

 

 3 外出について

・外出においては、マスク着用等の感染防止対策を徹底してください。

・「3つの密」のある場及び感染が流行している地域への移動は控えてください。

・発熱やかぜの症状がある場合は外出を控え、特に会食等に参加しないようにしてください。

・高齢者、基礎疾患を有する方及びその御家族の方は、外出の際は感染防止対策を特に徹底してください。

 

 4 飲食店等、営業施設の利用について

・ステッカーを掲示していないなど、感染防止対策が講じられていない飲食店は利用しないでください。


 

 

 

市民のみなさまへ

  残念ながら、感染者やその御家族、医療従事者の方々の中に、差別を受け、苦しんでいる方がおられます。新型コロナウイルス感染症には、誰もがどこでも感染する可能性があります。感染された方やそのご家族、職場関係の方々に責任はありません。不当な扱いや嫌がらせ、誹謗・中傷などは絶対にないよう、お願いいたします。

 コロナ禍において、不安を抱えておられる方々も多いかと思います。そのような中で感染防止対策にご協力いただきありがとうございます。今後も引き続き一人ひとりができることに取り組み、この困難を共に乗り切りましょう。

 

 

 




 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:19783)