合志市ホームページトップへ

新型コロナウイルス感染症について(熊本県リスクレベルについて)

最終更新日:

 

新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルは【レベル5厳戒警報】が維持されます

 

 1月6日(水曜日)からのリスクレベルは「レベル5厳戒警報」が維持されます。

 県内では、非常に多数の感染者が確認されています。県は1月11日までの集中対策期間とし、県民の皆さまに感染防止対策の集中的な実践を要請しています。

 今後も、気を引き締めて、マスクの着用や手洗い、3つの密の回避等の基本的な感染防止対策に努めていただきますようお願いします。

 

 

県からの県民の皆さまへのお願い

  熊本県のリスクレベルは【レベル5厳戒警報】です。また、感染状況は非常に高い水準を維持しており、注視が必要です。つきましては、感染防止のため、次の対応を行います。

 

 

 

1  最も重要なお願い‼ 

症状がなくとも、マスクを着用してください。

こまめな手洗い・手指消毒を行ってください。

発熱時は仕事等を休み、すぐにかかりつけ医等に電話相談を!

 

 

 

 

 

2  基本的な対策及び考え方

・「新しい生活様式」の実践をお願いします。

・マスク着用、手洗い、人と人との距離の確保等の感染防止対策の徹底を要請します。

・帰宅直後の手洗いや入浴、発熱等の症状がある同居者との部屋を分けるなど、家庭内における感染防止対策を徹底してください。

・厚生労働省がリリースした接触確認アプリの積極的な利用をお願いします。

 

 

 

 

3  旅行・外出について

・「3つの密」のある場及び感染が流行している県外への移動は自粛し、やむを得ない場合は感染防止対策の徹底と三密回避を。

・発熱やかぜの症状がある場合は外出せず、すぐにかかりつけ医等に電話し、受診してください。特に高齢者の方は、重症化を防ぐためにもお願いします。

・高齢者、基礎疾患のある方及びそのご家族の方は、外出の際は感染防止対策を特に徹底することを要請します。

 

 

 

 

4  飲食店等、営業施設の利用について

・ステッカーを掲示していないなど、感染防止対策のできていないホストクラブやキャバクラなどの接待を伴う飲食店は利用しないでください。

 また、その他の飲食店等についても、感染防止対策が講じられていない場合は利用を控えてください。




 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:19783)