合志市ホームページトップへ

合志市クリエイター塾2020が開講しました!

最終更新日:
 

6年目の合志市クリエイター塾2020が開講されました。

9月12日(土曜日)、2020年度の合志市クリエイター塾が開講しました。

今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、初のオンライン開催になりました。

受付前に、検温と手指消毒を行い、会場内の換気に努めています。

12日授業風景
過去最多の51名で、年齢層も幅広く15歳から68歳の塾生が学んでいます。

東京の講師陣とは配信で繋ぎ、「企画」の考え方や「取材」を学びました。

塾生は、8チームに分かれ、これから1本の映像制作を行います。

そのため、下記の市内の4事業所の方々に、映像制作のご協力いただいております。

●kokomyu(ココミュ)・・・女性用ルームウェア製造販売

●農業ドローンスクール・・・農薬散布用ドローンスクール

●うさぎ農園・・・無農薬のイタリアン野菜の農園

●サニープレイス・・・アンビー熊本内キッチンカー

 

4事業所から企業概要の説明後、それぞれの質疑応答があり、グループワークでも、活発に意見交換が行われました。

ココミュさん

 

9月13日(日曜日)、ゲスト講師をお迎えして「大好きになってもらうには?」をテーマにお話を伺いました。

ゲスト講師は、祇園の芸妓の紗月さんと「恵比寿新聞」のジャーナリストの高橋ケンジさんでした。

紗月さんは、「相手のことを好きになるポイントを1つ見つけて、掘り下げるようにしています。」と人気者ならではのアドバイスをくださり、高橋さんは、「実は、恥ずかしがりやなので、取材の時は別の人格になり替わって取材してます。」と会場を沸かせました。

6
 

9月26日(土曜日)、東京の講師陣はPCR検査を受け陰性を確認して、来熊してくださいました。

実際に講師陣と対面しての講義は、塾生にとってもテンションが上がり、演出についての講義にも力が入りました。

グループワークの際も、講師陣に積極的に質問があり、有意義な時間を過ごすことができました。

講師お二人
 

9月27日(日曜日)、プロの撮影現場見学がありました。

株式会社ロボットの清水亮司監督と佐々木雅史カメラマンによる実演には、塾生が釘づけになり、普段身近で見ることができない機材にも興奮していました。

 

2(1)
プロの撮影現場の様子密にならないように、各サイズのモニターを3か所設置しました。


 

また、ドウガテックの内村航さんをゲスト講師に招き、リモートでスマートフォンを活用した映像制作の講義を行いました。

会場の「ルーロ合志」の共有部分と外観を塾生ひとりひとりが撮影し、PR動画として編集し完成させました。

 

これから12月の最終講義に向けて、チーム内で絵コンテを描き、ロケハンを行い、本番の撮影、編集を行います。

次回は、10月17日(土曜日)13時から「ルーロ合志」で行います。

東京の講師陣とは配信で繋ぎます。

詳細は、「合志市クリエイター塾」のホームページにも掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:19991 P)