合志市ホームページトップへ

就業構造基本調査の調査員を募集します

最終更新日:

 

 

 

 



 

就業構造基本調査とは

 

design10

 

 

国民の就業及び不就業の状態を調査し、全国及び地域別の就業構造に関する基礎資料を得ることを目的としています。

 

 

 

就業構造基本調査の調査員とは

統計理論に基づいて抽出された世帯を訪問し、調査の趣旨や内容についての説明を行うとともに、調査票の回収などの仕事をする人です。

illustration31

 



 

 

調査員の仕事

・調査員説明会への出席
・担当する地域の確認
・抽出された世帯を訪問し、調査についての説明と調査票の配布
・調査票を配布した世帯を再訪問し、調査票の回収
・調査票の点検、整理、提出

 

 

調査員の身分

調査員として任命されている期間中は、国の非常勤公務員となります。
他に仕事をしている人でも統計調査員になることができますが、事前に勤務先の意向を確認してください。

 

 

 

 

調査員の任用期間

令和4年8月から10月までの間(予定)

 

 

 

調査員の報酬

40,000円程度(交通費込み)

 

 

 

調査員として従事できる人

20歳以上で、次の全ての要件を満たす人

・責任を持って調査事務を遂行できる
・秘密の保護に関して信頼できる
・国税徴収法に規定する徴収職員、または地方税法に規定する徴収吏員でない
・警察官でない
・公職選挙法に規定する公職の候補者や選挙事務所職員、選挙運動に従事する人でない
・暴力団員や暴力団関係者でない

illustration39

 



 

 

 

申込方法

就業構造基本調査の調査員を希望する人は、令和4年6月17日(金曜日)までに企画課企画広報班(電話:096-248-1813)に電話したうえ、企画課へお越しください。

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:21651)