合志市ホームページトップへ

【ふるさと大使】 プロボクシング・谷山佳菜子選手が世界戦へ

最終更新日:
IMG_1516


 

谷山佳菜子選手、12月1日(木曜日)世界王座決定戦へ

「合志市ふるさと大使」で、「戦うナース」ことプロボクシングの谷山佳菜子(たにやま かなこ)選手。12月1日木曜日に東京の後楽園ホールで、WBO(世界ボクシング機構)女子スーパーフライ級王座決定戦に挑みます。
世界戦に挑む谷山選手
世界戦を戦う谷山佳菜子選手(左)と晝田瑞希選手(画像:谷山選手提供)

谷山選手は、合志市合生出身で、西合志第一小学校を卒業。その後、熊本信愛女学院中学、高校を経て、熊本医師会看護専門学校を卒業しました。高校1年から空手を始め、極真会館世界女子空手道選手権大会-55kg級で二連覇という快挙を成し遂げた後、2010年にキックボクシングの世界へ。数々のタイトルを獲得し、2018年にボクシングに転向。2021年には日本女子バンタム級の王座を獲得しました。

 

熊本地震の際には“ふるさと”合志市を支援

合志市は、2015年9月、谷山選手を「合志市ふるさと大使」の第1号として委嘱しました。 
ふるさと大使に就任した谷山選手
「合志市ふるさと大使」の委嘱状を持つ谷山選手(左)と荒木市長(2015年9月7日)

その後、谷山選手は、2016年4月に発生した熊本地震の際、当時のキックボクシングでの試合のファイトマネーを本市に全額寄附され、大地震で被災し傷ついた合志市を励ましました。試合で着用するボクシングパンツには合志市の市章を入れるなど、東京を舞台に活動しながら、ふるさと合志市のことを常に思い続けています。
義援金を贈呈する谷山選手
ファイトマネーを寄附した谷山選手(2016年6月23日)
 

念願の世界チャンピオンへ、あと少し

晝田瑞希(ひるた みずき)選手との日本人ボクサー同士による王座決定戦。WBO女子スーパーフライ級のチャンピオンを決める注目の試合です。「ボクシングの世界チャンピオンになることが念願」という谷山さんにとっては、千載一遇のチャンス。ふるさと大使の谷山さんが世界王座を獲得できるよう、合志市からも応援しましょう。
合志市ふるさと大使の谷山選手

このページに関する
お問い合わせは
(ID:22102 P)