合志市ホームページトップへ

交通事故等で国保を使って治療を受けるときは届出をしましょう

最終更新日:

 

 

交通事故やけんかなど第三者の不法行為によるケガの治療を、合志市国民健康保険証を使って受診する場合は、市役所への届出が義務づけられています。

 

第三者の不法行為による医療費は、加害者が全額自己負担することが原則ですが、実際には加害者との交渉の問題や加害者の支払い能力の問題もあり、必要な支払に困ってしまうケースがあります。

 

 そこで、一時的に合志市国民健康保険(以下、国保)が医療費を立て替え、あとで国保が加害者に請求することで、被害にあった人の負担を軽減します。

 

 交通事故やけんかなどで治療を受けるときは、必ず届出をしましょう。

 

 

 交通事故やけんか以外でもこのような場合は、第三者行為による事故となり届出が必要です。

 

  ●他人の飼い犬にかまれた

  ●落下物にあった

  ●傷害事件に巻き込まれた

  ●自損事故にあった

  ●自転車やバイクでの事故等

 

 

また、下記の場合は国保で治療を受けられません。

 

  ●勤務中や通勤途中での事故等労災保険の対象となる場合 

   →雇用者が負担をするとき

  ●犯罪行為や故意の事故

  ●飲酒運転や無免許運転など法令違反の事故

  ●示談を済ませてしまったとき

   →示談は慎重にしましょう

  示談後も痛みが続くなど後遺障害の危険もあることから示談は慎重にしましょう。

 加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませてしまうと国保が使えなくなる場合があります。

 

 

 【届出に必要な書類】

 

   

   

 

 

 


  • 添付資料 4 念書 別ウィンドウで開きます(ワード:24.5キロバイト)




 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:4846)