総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  ハンセン病関係  >  菊池恵楓園の将来構想実現に向けた協議会を設置しました

ハンセン病関係

菊池恵楓園の将来構想実現に向けた協議会を設置しました

最終更新日 [2014年9月24日]  

     合志市は、平成26年8月12日、国、県、園、入所者自治会とで組織する 「国立療養所菊池恵楓園の将来構想実現に向けた協議会」を設置しました。 

 平成21年10月策定の「菊池恵楓園将来構想」で挙げられている課題や問題点について、項目ごとに検討、集約し、将来構想の実現に向けた具体的な協議を行っていきます。

 また、菊池恵楓園は、全国に13ヶ所あるハンセン病療養所の中でも入所者が多く、立地から考えても合志市の中核的位置に所在しています。

 人権教育の拠点づくり、医療・介護のあり方、また重点土地利用計画など、新たな協議事項も併せて、入所者の方々が安心して人生を全うできるよう、また差別や偏見のない社会になるよう、関係機関が共に考え、協力し合いながら、今後の協議を進めていきます。

 

 

 


 

 

この情報に関するお問い合わせは
福祉課 社会福祉班
電話:096-242-1149
ファックス:096-348-5271
メール fukushi@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム