総合トップへサイトマップリンク集
   ホーム  >  学びと楽しみ  >  平成28年10月30日(日)、第10回くまもとサッカーフェスタに参戦しました。

学びと楽しみ


平成28年10月30日(日)、第10回くまもとサッカーフェスタに参戦しました。

最終更新日 [2016年10月30日]  

ヴィーブルくん、うまかな・よかなスタジアムに参戦する、の巻

20161030トピックス用

 平成28年10月30日()、合志市総合センター"ヴィーブル"のマスコットキャラクターヴィーブルくんが、うまかなよかなスタジアム(熊本県民総合運動公園陸上競技場)で開催された、第10回くまもとサッカーフェスタに参戦しました。

このサッカーフェスタは平成19(2007)年から「みんなで行こうJ実行委員会」により開催されているイベントで、今年は10月30日(日)ホームゲーム(第38節北海道コンサドーレ札幌戦)において、県民がサッカーを通して地域振興を図るイベント「第10回くまもとサッカーフェスタ」として開催されました。また、復興支援企画として、大津町、南阿蘇村、西原村、御船町、嘉島町、益城町、甲佐町の7町村の住民が無料招待されました。

 第9回のこのイベントにも参加したヴィーブルくん、今回のオファーも喜んで参加し応援に駆けつけました。なお、同日は熊本県農業公園カントリーパークでKOSHI健康まつりも開催されており、ハシゴしながらの参加となりました。

ヴィーブルくん、試合前に散策する

キックオフは午後3時でしたが、スタグルメで満足したヴィーブルくんはキックオフ2時間以上前から来場したサポーターたちのお出迎えや写真撮影をしました。

01-01散策

J2首位札幌をホームに迎えての一戦、舞台は整いました。

 

01-02散策

楽屋も手配されていました。ヴィーブルくんは男性控室に入りました。

 

01-03散策

上天草市から上天草四郎くんも駆けつけました。

 

01-04散策

長洲町からはふれきんちゃんもやって来ました。

 

01-05散策

出陣前だが、記念撮影に応じよう。「金栗」*の名と共に写ろう。

 

*金栗 金栗四三(かなぐり しそう)

日本のマラソン選手。熊本県初代教育委員長。箱根駅伝の開催に尽力し、日本における「マラソンの父」と称される。熊本県玉名郡(現和水町)出身、玉名市名誉市民。熊本県民総合運動公園陸上競技場の愛称「KKウイング」の「KK」は金栗に由来している。

 

01-06散策

きみたち、ロアッソの勝ち点3獲得のために声援を送るぞ。

ヴィーブルくん、コバスタに出演

元ロアッソ正ゴールキーパーだったコバさんもすっかり「DJコバ」が定着しました。「コバスタ」と銘打ってメインスタンド前にゆるキャラたちが一堂に整列し、DJコバさんがサポーターの皆さんにゆるキャラたちを紹介してくれました。

02-01コバスタ

むう、久しぶりのスタジアム。

・・・震災以来初めて来るなぁ。

 

02-02コバスタ

天気もいいし、絶好の観戦日和だね。

 

02-03コバスタ

思わずポーズをとるヴィーブルくん

 

02-04コバスタ

む、少年もスタジアム内を散策かね。

 

02-05コバスタ

大津町のからいもくんとからいもおじさん(ハロウィン仕様)といっしょに記念撮影。

 

02-06コバスタ

まだキックオフには時間があるけど、熱心なサポーターたちがぼちぼち集まっているぞ。

 

02-07コバスタ

いえぃ!

 

02-08コバスタ

反応があまりなかった・・・。

 

散策後にはコバスタ本番。プラカード掲げて入場しました。 

02-09コバスタ

やぁやぁ、我こそは合志市からやって来たヴィーブルくんですよ。

 

02-10コバスタ

ついていけばいいのかね。

 

02-11コバスタ

立ち位置はここかな?

全然違うのかね?!

 

02-12コバスタ

この辺かな。

 

02-13コバスタ

む、阿蘇市のあか牛くんではないかね。

 

02-14コバスタ

自分の立ち位置を確認。

 

02-15コバスタ

本番前に充電を開始します。

 

02-16コバスタ

たけのこ視点での1枚。

 

02-17コバスタ

バックスタンド側の座席は平成28年熊本地震被災のため、まだ使用ができません。

 

02-18コバスタ

順番にならんだようです。

 

02-19コバスタ

いえぃ!

 

02-20コバスタ

DJコバさんの司会により、コバスタが始まりました。

 

02-21コバスタ

洒脱なトーク

 

02-22コバスタ

順番にDJコバさんがサポーターの皆さんに紹介してくれ、その後にPRタイムがあるようです。

 

02-23コバスタ

ヴィーブルくんの番はまだかな。

 

02-24コバスタ

なに、出番かね。

 

02-25コバスタ

よろしく、紹介

 

02-26コバスタ

合志市のヴィーブルくんも応援に来ましたよ~

 

02-27コバスタ

ふむ、なかなかのパフォーマンスだった。

 

02-28コバスタ

一仕事終えて舞台裏で休憩だ。

 

02-29コバスタ

あれは・・・!!

 

02-30コバスタ

2016リオオリンピック閉会式で諸国に大ウケした安倍マリオさんみたいな人と記念撮影

 

02-31コバスタ

県内各地からいろんなキャラクターが集まったね。

 

02-32コバスタ

魔女のキキさんとも記念撮影

ヴィーブルくん、ロアッソくんサンバも踊る

自由参加でロアッソくんサンバのコーナーがありました。ヴィーブルくんは竹馬の友のロアッソくんといっしょに一生懸命踊りました。

03-01ロアッソくんサンバ

サポーターの皆さん、景気よく盛り上がろう!

 

03-02(gif)ロアッソくんサンバ

gifアニメでヴィーブルくんのキレあるダンスをご覧ください。

 

03-03ロアッソくんサンバ

決まった・・・!

 

03-04ロアッソくんサンバ

握手してもいいよ。

 

03-05ロアッソくんサンバ

それではキックオフでまた会いましょう!

 

03-06ロアッソくんサンバ

さて、いったん帰ろう。

ヴィーブルくん、選手入場に立ち会う

ロアッソ熊本と北海道コンサドーレ札幌のスタメン選手22人がピッチに入場する場にヴィーブルくんは立ち会いました。いよいよキックオフ間近です。

04-01選手入場

きみたち、金栗翁の名と共に記念撮影だ。

*金栗翁 金栗四三(かなぐり しそう)

1911(明治44)年、金栗は翌年に開催されるストックホルムオリンピックに向けたマラソンの予選会に出場し、マラソン足袋で当時の世界記録(当時の距離は25マイル=40.225キロ)を27分も縮める大記録(2時間32分45秒)を出し、短距離の三島弥彦と共に日本人初のオリンピック選手となった。

 

04-02選手入場

む、かじられている気がする・・・??

 

04-03選手入場

九州産交の産太くん、打ち合わせの時間だったね。

 

04-04選手入場

ほう、4-1-4-1システムではなく、やっぱり4-4-2かね。

 

04-05選手入場

あか牛くんはどう予想する?

 

04-06選手入場

キックオフ前に金栗翁に敬意を表し・・・

 

 

*金栗翁 金栗四三(かなぐり しそう)

 ストックホルムオリンピックでは、レース途中で日射病により意識を失って倒れたところを通りかかった人が発見し、近くの農家で介抱された。金栗が目を覚ましたのは既に競技が終わった翌日の朝であった。このため金栗はレースを諦めざるを得ず、そのまま帰国。金栗が倒れた直接の理由は日射病であるが、それ以外にも様々な要因があった。

 時は流れて1967昭和42)年3月、スウェーデンのオリンピック委員会からストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待された。ストックホルムオリンピックでは棄権の意思がオリンピック委員会に伝わっておらず、「競技中に失踪し行方不明」として扱われていた。記念式典の開催に当たって当時の記録を調べていたオリンピック委員会がこれに気付き、金栗を記念式典でゴールさせることにしたのである。

 招待を受けた金栗はストックホルムへ赴き、競技場をゆっくりと走って、場内に用意されたゴールテープを切った(日付は1967年3月21日)。この時、「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」とアナウンスされた。

54年8か月6日5時間32分20秒3という記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている。金栗はゴール後のスピーチで「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントした。

 

04-07選手入場

詰め掛けたサポーターと共にスタジアムに入ります。

 

04-08選手入場

打ち合わせメンバーで並ぶ3人。

 

04-09選手入場

真っ赤な染まるスタジアムにふれきんちゃん(長洲町)が映えます。

 

04-10選手入場

お、来た来た。

 

04-11選手入場

選手の皆さん、正々堂々がんばりたまえ。

 

04-12選手入場

・・・

 

04-13選手入場

引き続きお見送りだ。

 

04-14選手入場

さぁ、客席からロアッソの応援だ。

 

04-15選手入場

サポーターの皆さん、90分間参戦しましょう!

 

04-16選手入場

ロアッソタオルマフラーをひらひらさせながらスタジアム内を歩くヴィーブルくん

 

04-17選手入場

第10回サッカーフェスタ、時は満ちた。

 

04-18選手入場

皆さん!観戦、いや参戦ですぞ。

ヴィーブルくん、試合を見守る

いよいよキックオフです。首位札幌をホームに迎えての重要な一戦です。

05-01試合経過

薗田選手、上原選手と元札幌所属の選手の恩返し弾にも期待です。

 

05-02試合経過

声援を送り続けるサポーターたち。

 

05-03試合経過

ロアッソスタッフ陣も真剣な眼差しです。

 

05-04試合経過

お友だちのロアッソくんも気合が入っています。

 

05-05試合経過

齋藤選手が獲得したペナルティキックを清武選手がきっちりと決め、先制しました。

なお、この得点はホーム通算200ゴール目という記念のゴールでした。

ヴィーブルくん、ハーフタイムにゲーフラ行進する

前半を幸先よく1-0で折り返し、気分よくハーフタイムを迎えました。後半戦の応援の前に、スタジアム内をみんなでゲーフラ(ゲート型応援フラッグ)を掲げて行進しました。

06-01ゲーフラ行進

和水町のお侍さんと記念撮影。田中城*の生存者でしょうか。

*田中城

天正15(1587)年、肥後の民衆が一揆を起こし、和水町にある「田中城」は戦いの最後の砦となりました。豊臣軍と約2ヶ月の激戦の後、落城。この戦いは「刀狩令」発布のきっかけとなった歴史的な事件だとされています。

 

06-02ゲーフラ行進

観戦、否、参戦しているヴィーブルくん。

 

06-03ゲーフラ行進

ゴール裏は特に盛り上がっていました。

 

06-04ゲーフラ行進

札幌サポーターたちもJ1昇格のための声援を送り続けます。

 

06-05ゲーフラ行進

ハーフタイムにゲーフラを掲げて行進するヴィーブルくんたち。

 

06-06ゲーフラ行進

このゲーフラは合志市企画課に作成してもらったよ!

合志市企画課は「ロアッソ熊本をJ1へ!」県民推進運動に係る市町村窓口担当課です。

 

06-07ゲーフラ行進

ポーズを決めるヴィーブルくん

 

06-08ゲーフラ行進

産山村のおねえさんたちとコラボしちゃうヴィーブルくん

サッカーには連携も重要です。

 

06-09ゲーフラ行進

む、今度は向こうにポジショニングかね。

 

06-10ゲーフラ行進

ゴール裏のサポーターをバックにゆるキャラたちが勢ぞろいです。

記念の1枚です。

 

06-11ゲーフラ行進

どアップで決めポーズ!

 

06-12ゲーフラ行進

ゴール裏のサポーターたちにもごあいさつ。

後半戦も勝利のために応援を続けよう!

 

06-13ゲーフラ行進

その前にスタグルメで腹ごしらえかな。

 

06-14ゲーフラ行進

おにく!などたくさんのグルメが一堂に並んでいました。

ヴィーブルくん、勝利の瞬間に立ち会う

後半、チーム最古参選手となった片山選手の左足から入ったクロスボールを平繁選手がヘディングで逸らし、追加点が決まり、2-0とリードが広がりました。勝利の瞬間を迎えるべく、応援も力が入ります。

07-01試合終了

2ヶ月半ぶりの勝利をホーム通算200点目のおまけつきで迎えることができるのか?!

 

07-02試合終了

気分よく声援を送るサポーターたち

 

07-03試合終了

震災により激減している入場者数もサッカーフェスタのこの日は

8,000人近くのサポーターが入りました。

 

07-04試合終了

もう1点ほしいな。

 

07-05試合終了

90分間+αのアディショナルタイムは6分!勝利の瞬間まであと6分です。

 

07-06試合終了

試合終了!首位札幌をホームに迎え、見事勝利!

貴重な勝ち点3を獲得しました。

 

07-07試合終了

最高の週末をサポーターたちと共有しました。

ヴィーブルくん、次の出番は?

ヴィーブルくん

KOSHI健康まつりとのハシゴ参加を終え、10月の活動を締めくくりました。次は11月3日(木・祝)に上熊本駅周辺で開催される「わが輩復興 漱石アイス総選挙!!」に参加の模様をお送りする予定です。




この情報に関するお問い合わせは
企画課 企画広報班
電話:096-248-1813
ファックス:096-248-1196
メール kikaku@city.koshi.lg.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム