合志市ホームページトップへ

竹迫城跡公園

最終更新日:

 

寛永堀橋と竹迫城跡公園
 

 竹迫城は、またの名を合志城、上庄城、蛇の尾城、穴の城などといい、鎌倉時代、関東より下向した地頭職の中原師員(のちの竹迫輝種)によって築城。その後400年にわたり合志郡の統治の拠点として栄えてきました。しかし、天正13(1585)年の薩摩の島津氏との戦いで落城したと伝えられています。
 
 現在は自然の地形を生かした公園として整備されており、四季折々に美しい景色が楽しめます。
園内には歴史広場や竹植物園もあります。
 
 初夏には、公園北側を流れる東谷川で、ホタルの乱舞を見ることができます。 

桜の季節には花見客でにぎわいます

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3864)