合志市ホームページトップへ

笹塚古墳(市指定文化財)

最終更新日:
笹塚古墳
 塩浸川と上生川にはさまれた台地の南側に位置し、黒松古墳群から1キロほど南側にあります。
 直径約10m、高さ約2mの円墳で、古墳時代後期(6世紀頃)のものと考えられます。
 周囲が削られているので、形がくずれていますが、造られた当初の直径は15~20mほどあったと思われます。
 古墳の頂上には石材が一部露出しており、古墳の内部にある横穴式石室(石を積み上げて造られたお墓のうち、出入り口を横に設けたもの)の一部と考えられています。
 当古墳には専用駐車場はありません。見学の際は、地域の方のご迷惑にならないよう、ご配慮をお願いいたします。
 
 
所在地:合志市上生1338-28
地図はこちら→ 笹塚古墳地図 別ウィンドウで開きます
このページに関する
お問い合わせは
(ID:5213)