合志市ホームページトップへ

生坪塚山古墳(市指定文化財)

最終更新日:
生坪塚山古墳
 本市と菊池市泗水町の境の生坪区にある、古墳時代前期(5世紀頃)の円墳です。
 直径約30m、高さ約4mあり、墳丘のすそ部分が少し削られていますが、築造当時の原型をほぼ留めています。当時、一帯を治めていた豪族の墓だと考えられます。
 発掘調査を行なっていないため、詳しいことは不明ですが、古墳の頂上に立つ板石が棺のふたと伝えられていることから、古墳内部には箱式石棺(石の板を張り、直接死者の棺桶としたもの)か竪穴式石室(石を積み上げて造られたお墓のうち、出入り口を上部に設けたもの)のどちらかがあると考えられています。
 古墳の上は眺望もよく、同じ古墳時代の墳墓が流れに沿って分布する合志川も見渡すことができます。
 専用駐車場はありませんので、見学の際は、地域の方のご迷惑にならないよう、ご配慮をお願いいたします。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:5214)