合志市ホームページトップへ

合志市教育大綱を策定しました。

最終更新日:

  • 合志市教育大綱について

 「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正(平成27年4月1日)により、すべての公共団体に「総合教育会議」を設置し、市長と教育委員会とで協議し、教育大綱を策定することとなりました。
 合志市教育大綱は、本市の教育、学術、文化について、その目標や施策の根本となる方針を定めたものであり、平成28年3月に策定した「合志市総合計画」と整合性を図り、合志市の地域特性などを踏まえ、市長と教育委員会とで協議を重ね、市長が策定したものです。

 

基本方針                     

 未来を担う子どもたちの夢を育み、夢の実現を目指す教育を推進します。

 また、市民一人ひとりの基本的人権を尊重しながら、市民が生き生きと生涯学習活動に取り組むことができる環境をつくり郷土愛の醸成を図ります。

大綱                       

「教育の健康」・・・総合計画の政策の一つである「教育の健康」を大としました。

 

 

〇義務教育の充実                     

 子ども達が将来の夢に向かって挑戦できる「知育、徳育、体育、食育」のバランスの取れた成長を促進し、「生きる力」を身に付ける教育を推進します。

 また、学校教育を担う教員の資質向上を図りながら、小中一貫教育への取り組みやICT活用による学びの環境整備に努めます。

 さらに、安全で安心して学べる教育施設の整備に努めます。

 併せて、地域との連携により子どもたちの健やかな成長を図ります。

  〇生涯学習の推進                     

 市民一人ひとりが自己の教養を高め、生きがいをもって豊かな人生をおくることができるよう、様々な学習の場を提供するとともに指導者育成にも取り組みます。

 また、市民が安全に利用できる生涯学習施設づくりを進め、施設の効率的な運用に努めます。

 

〇生涯スポーツの推進                   

 市民一人ひとりのライフステージに合わせて、いつでも、気軽にスポーツに取り組むことができる環境づくりに努めます。

 また、計画的な施設の改修に努め、快適に利用できる施設づくりを推進します。

 

〇歴史・伝統・文化を活かした郷土愛の醸成         

 地域の伝統・文化・芸能を知り学ぶことを通して、郷土を知り、郷土を誇りに思う市民の郷土愛の醸成に努めます。

 また、古くから語り伝えられてきた伝統・文化・芸能は市民の宝であり、伝承していくための後継者育成に取り組みます。

〇人権が尊重される社会づくり               

 人権を尊重するための意識の高揚を図り、一人ひとりの人権が大切にされ、差別のない住みよいまちをつくるため、積極的な人権教育及び人権啓発に努めます。

 また、個性を認め合い、尊重し合える社会をめざす男女共同参画社会づくりへの理解を深める取り組みを継続的に推進します。

 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:9633)