合志市ホームページトップへ

ひとり親家庭等医療費助成

最終更新日:

 離婚等により配偶者のいないひとり親家庭の母または父、およびそのいずれかの者に扶養されている児童、または父母のいない児童の医療費の自己負担分の一部を助成します。
ただし、所得等の制限があります。

 

事前に受給資格の申請が必要になります。

 

助成対象者

国民健康保険法の規定による被保険者又は社会保険各法の規定による被保険者若しくは被扶養者で、かつ、合志市内に住所を有するひとり親家庭の母または父とその者に扶養されている児童、および父母のない児童が対象です。

 

なお、自立支援医療費(更生医療・精神病院通院等)の支給を受けている方の医療費は本助成の対象外となります。

 

※この制度で「ひとり親家庭の母または父」とは「配偶者のない者であって、20歳未満の児童を扶養する者」、「児童」とは「18歳に達する日以後最初の3月31日までの者」としています。

 

 

  助成の期間

 

   児童は18歳に達する日以降の最初の3月31日まで、母または父は、扶養している児童が20歳になる誕生月の末日までとなります。

 

 

助成額

助成対象者又はその保護者が保険適用分の医療費を支払った場合に、支払額の3分の2に相当する額を助成します。
ただし、加入保険による付加給付等があるときは、その額を控除した額の3分の2に相当する額を助成します。

 

 

助成の申請方法

診療を受けた場合、1か月分をまとめて、翌月以降に申請してください。

 

請求の有効期限は診療を受けた月の翌月から一年以内(診療月の翌年同月末日まで)です。


 

「ひとり親家庭等医療費助成金申請・請求書」に、受診者名、保険点数、支払額、負担割合、受診日、診療科目等の記載がある医療機関からの領収書を、病院からの証明の代わりとして添付し、申請者欄を記入・押印し、子育て支援課、西合志総合窓口または各支所の窓口に提出してください。

 申請書用紙は各窓口にあります。

 

 

※または、「ひとり親家庭等医療費助成金申請・請求書」を医療機関又は調剤薬局等に提出し、診療を受けた月の翌月以降に1か月分をまとめて診療・調剤報酬証明欄に証明をもらってください。

 

助成金の支払い

・毎月5日までに受付した分を、その月の28日(28日が土・日・祝日の場合は翌営業日)に指定の口座に振り込みます。

・個別に支払い通知等はお出ししませんので、各自で口座を確認して下さい。

 

その他

毎年、8月1日時点での資格確認を行います。手続きについては、通知しますので、手続きをお願いします。

 

氏名、住所、健康保険証、世帯の構成等に変更があった場合は変更届の提出が必要です。

 


申請に必要なもの医療費助成申請の際は、印鑑(認印)、ひとり親家庭等医療費受給資格証、健康保険証、医療機関等からの領収書が必要です。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:17748)