合志市ホームページトップへ

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の定期接種について

最終更新日:

厚生労働省の勧告別ウィンドウで開きます(外部リンク)に基づき、現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

 

定期接種の対象者及びその保護者に、子宮頸がん予防ワクチン接種について検討・判断していただくため、ワクチンの有効性・安全性に関する情報等について厚生労働省が作成したリーフレットを掲載しています。

接種の検討・希望をされる際は、必ずリーフレットをお読みください。

 ※掲載しているリーフレットは、令和2年10月現在のものです。最新版は厚生労働省HP別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。

 

接種を検討されている方へ(概要版)接種を検討されている方へ(詳細版)接種を受けられた方へ

 

 

 

 

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の定期接種について

 

HPVワクチンの種類

  ワクチンは2種類あります。

  ・サーバリックス®

  ・ガーダシル®

 

接種スケジュール

  基本的に、どちらのワクチンも半年~1年の間に3回接種します。

  また、1回目に接種したワクチンを必ず2・3回目も接種してください。

  ≪一般的な接種スケジュール≫

  ・サーバリックス®・・・1回目から1ヵ月後に2回目を、6ヵ月後に3回目を接種

  ・ガーダシル®・・・1回目から2ヵ月後に2回目を、6ヵ月後に3回目を接種

  

接種対象者

  小学校6年生~高校1年相当の女性
 

接種費用 

  無料

  

予診票の交付

  保護者の方が母子健康手帳を持って、健康づくり推進課(ヴィーブル内)までお越しください。

  接種歴の確認および保護者に承諾書をご記入いただき予診票をお渡しします。

  

委託医療機関

  健康づくり推進課にお問い合わせください。

  接種の際は、必ず、予約をしてください。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:20069 P)